Home > 面接日時の設定 > 【対応方法】転職の面接で困る平日の面接時間

【対応方法】転職の面接で困る平日の面接時間




転職活動で、もっとも困ることの一つに、面接の時間帯が挙げられます。

現在勤務している人たちが、転職活動をするのですから、なかなか平日の昼間に時間を作るのはむずかしいでしょう。このことは本当によく理解できます。

ただ、面接が平日の昼間だから、転職活動ができないといって、いつまでも転職活動ができないことの理由付けにしているようでは、転職活動で成功することはできません。

実際に、どのような形で、転職者向けの面接が行なわれているかを説明しておきましょう。

転職の面接で困る平日の面接への対策

実際に転職活動をしてみるとよくわかりますが、転職の面接は平日の昼間に行なわれることが多いです。しかし、現在就職している人にとっては、その時間帯に面接に行くのはなかなかむずかしいのが現状でしょう。

そのため、どのような対策が考えれるかをまとめてみましょう。

・夕方以降に面接時間を変更

人事担当者の方は、本当に夜遅くまで仕事をしています。なので、ご相談をすれば、平日の昼間ではなく、自分の勤務時間が終わってからの時間帯である、夕方以降に面接をしてもらえる場合があります。もし、面接時間を融通していただいたら、当日になって残業等で面接をキャンセルすることがないように十分に根回しなどをしておきましょう。

・有給休暇を利用

もし、平日の夜の面接も無理ということであれば、有給休暇を使うしかありません。転職の面接のために1日全部をお休みにしなくとも、午後だけは半休でお休みにして、心に余裕を持って面接に臨む。こういうのも一つの方法です。

これらの方法で、平日に転職の面接を受けることが可能になるでしょう。

ただし、注意もあります。

転職の面接は、一度だけとは限りません。最終的な内定を得るまでに、数回の面接が行なわれるのが普通です。

そのような内定までの全体的なプロセスをしっかりと事前に確認しておき、どのような形で、転職活動を開始するかをしっかりとプランニングする必要があります。

普段の仕事でも、しっかりとプランニングした仕事は結果が出しやすいことでしょう。このことを、今までの仕事で体験している人が多いでしょう。

転職活動においても、このことがいえるのです。

一日だけ面接時間の変更をお願いすれば良い。
一日だけ有給休暇を取れば良い。

短期的に考えるのではなく、転職活動の全体像を見据えて、着実に前進していきましょう。

そうすれば、きっと好条件の新しい勤務先が見つかるはずです。

さあ、どんどん積極的に転職先を探しましょう。





Home > 面接日時の設定 > 【対応方法】転職の面接で困る平日の面接時間

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top