Home > 転職面接時の格好 > 転職時の面接: 茶髪と髭は大丈夫?

転職時の面接: 茶髪と髭は大丈夫?




服装とは別に、面接に関する質問で意外に多いのが、髪の毛の色と髭(ヒゲ)についての質問です。

もしあなたが茶髪だったり、髭を生やしているようでしたら、転職の面接の時にどのようにすれば良いのかを悩んでいるのではないでしょうか。

髪の毛を染めている(茶髪)のケース

髪の毛を染めている人が、面接官に好印象を与えるかがポイントです。その会社の社員がカジュアルな格好で仕事をしているのであれば、たとえ茶髪であろうとも良いだろうと考えがちですが、ここで大切な視点は、お客様が誰か、どのような業種であるかということです。

普段カジュアルな格好で仕事をしている会社の人でも、会社にきちんとスーツを用意している人がいます。これは、銀行の人と打合せをしたり、保守的な業界の会社の人と打合せをしたりという場合に備えて、すぐに着替えることができるように着替えのスーツを用意しているのです。

このような事情を知っていると、社員が普段カジュアルな格好をしているから、茶髪でも大丈夫だろうを短絡的に考えるのは危険かもしれません。意外に仕事の実態が見えていないことがあるのです。このようにシチュエーションにあわせて、スーツを着替えたりということを行なっている会社では、人事担当者も気さくである反面、意外に服装や茶髪をチェックしている場合があるのです。

もちろん、茶髪といっても、色合いは随分と違います。黒に染め直せば良いというわけではないかもしれませんが、明るすぎない髪の色にしておくと間違いがないでしょう。

髭(ヒゲ)の有無

基本的に、髭はない方が良いでしょう。転職の面接は、人生の一生を左右するかもしれない、あなたのプレゼンテーションの場です。プレゼンテーションでは、いかに参加者に好印象を与えるかがポイントなのです。意外にプレゼンテーションの中身よりも、見栄えが判断に大きな影響を与えることが少なくないのは、他のビジネスのシチュエーションと変わりがないかもしれません。

人事担当者の多くは、髭に対してどのようなイメージを持っているのでしょうか?

一番のイメージは、髭に対して「清潔感を感じない」ということでしょう。

ビジネスマンとしての自覚が強ければ、髭を生やすことはないだろう、とまで言う人事担当者がいたそうです。

確かに、髭を生やしている人は、自分なりの強いポリシーがあって生やしているでしょうから、面接の時だけ髭を剃るというのは抵抗があるかもしれません。

ただ、前述のように、相手に好印象を与えるのが、面接時の最大の要素ということになるのであれば、髭を剃っておいても損はないでしょう。

あなたの今後の人生がかかっているのですから。

また、髭が濃い人が、夕方以降に面接に行く場合には、面接前に髭を剃っておいた方が良いでしょう。これも身だしなみですよ。

面接官の印象を良くして、好条件のポジションと年収を獲得する。

これが採用への近道です。

頑張ってください。





Home > 転職面接時の格好 > 転職時の面接: 茶髪と髭は大丈夫?

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top