Home > 転職面接時の質問内容 > 転職を決意した理由を多角的に考える

転職を決意した理由を多角的に考える




転職の面接を行なう人事担当者が、もっとも気にしてることの一つに、「転職を決めた理由」が挙げられます。

一度、会社を辞めようと決めた人は、自分の会社に来ても、すぐに辞めてしまうかもしれないという心配があるのです。

せっかく採用を決めても、すぐに辞められてしまっては、人事担当者の評価が下がることになってしまいます。

このような心配を、人事担当者に感じさせないためにも、「転職を決めた理由」に関しては、きちんとした回答を事前に用意しておきましょう。

転職を決意した理由に関する回答内容

転職を決意した理由に関する回答内容は、どのような内容であれば、自分をアピールすることができるでしょうか。

まずは、「転職を決めるまでの流れ」を整理する必要があります。

転職を考える多く人は、「転職を決めるきっかけ」があったはずです。

確かに、

・人間関係が不満
・仕事量が多すぎる

などの理由があるケースもあると思いますが、それを正直に言うか否かを判断する必要があります。

もし、正直に言うならば、そこことに対してどのように解決しようと努力したのかまでの話をし、「自分の前向きな姿勢」等に関連付ける必要があります。

たとえマイナス面の事情があったとしても、そのことを話す場合には、それを自分に対するプラスのイメージに結び付けることができなければ、そのような話をしない方が無難でしょう。

できれば、自分なりの夢や目標を達成するために、転職が必要であることにつなげることができればベターです。

自分の持っている経験、知識、人脈などと、今回のポジションや仕事内容、そして自分の夢などとの整合性が取れていると、人事担当者への説得力が増すはずです。

面接時の一つひとつの質問は、自分をアピールすることができるチャンスなのです。一見マイナスと思えるようなこともプラスのイメージに結び付けるなど、いかに自分を演出できるかがポイントなのです。

このように、転職の面接をきっかけに、自分というものを客観的に見て、表現できるようになるのは、今後の仕事にも大きな影響があるでしょう。

心の準備が整ってきたら、後は自分に適した仕事を見つけるだけです。

転職サイトなどで、きっとすぐに自分を生かせる素敵な仕事が見つかりますよ。





Home > 転職面接時の質問内容 > 転職を決意した理由を多角的に考える

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top