Home > 転職面接のマナー > 転職の面接直前に注意すべきこととは

転職の面接直前に注意すべきこととは




面接までに事前準備してきたことを、最大限に生かすために、面接会場に入る前に注意すべき点について、ここでまとめておきましょう。

面接は、面接会場に入る前から始まっています。このことに心配りができない人は、なかなか内定を得ることができません。

面接の直前に注意すべきこと

面接の直前に注意すべきことがいろいろとありますので、整理して考えてみましょう。

・受付での対応

面接で訪れた会社の受付の方に、「面接で伺いました」としか言わない人がいます。まずは、自分の名前を名乗りましょう。決して忘れないようにしてください。

・人事担当者名について

面接に来たことを受付の方に伝える時に、意外に忘れてしまうのが「人事担当者名」。どの人事担当者と連絡を取り合って、面接に訪れているかも忘れないようにしましょう。面接で緊張していると急に忘れてしまう人がいるので、いつでも見ることができるメモ帳や手帳に、人事担当者名を書いておきましょう。

・会社内での行動

面接に訪れた人は、基本的に通された部屋で待機することになります。トイレに行くくらいは良いですが、会社には社外秘の情報がいろいろとあります。気軽にオフィス内を歩かないようにしましょう。そのような行動は、意外に社内の人によく見られています。

・他の転職希望者がいる場合

他の転職希望者も同じ部屋で待機している場合に、話をする人がいますが、これも最低限にとどめておいてください。その声が、面接会場に届くときもあります。これでは、他の転職希望者に迷惑をかけてしまいますからね。

・タバコや携帯電話

タバコをリラックスしたいために吸う人がいます。携帯電話のメールで待ち時間をつぶす人がいます。これらの行為は、会社の人に良い印象を与えません。
会社に入ったら、面接時以外も面接の一環だと考え、慎重に行動しましょう。

このように書いてみると、当たり前のことですが、面接の受け答えばかりに頭がいっていると、意外にこれらのことで失敗してしまいます。

細心の心配りで、面接を乗り切りましょう!





Home > 転職面接のマナー > 転職の面接直前に注意すべきこととは

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top