Home > 転職面接時の格好 > 転職面接について:アクセサリーと靴に注意

転職面接について:アクセサリーと靴に注意




最近は、女性ばかりではなく、男性もアクセサリーをつけることが多くなりました。また、靴もトータルファッションの中で重要なポイントです。これらに関する注意点を、このページでまとめておきましょう。

アクセサリーについて

まずは、女性のアクセサリーについてですが、転職をするための面接ですから、落ち着いた感じの、派手ではないアクセサリーを面接の当日には付けるようにしましょう。

派手ではないということは、小さな目立たないアクセサリーということです。あまり地味な印象を面接官に与えないためにも、アクセサリーを一つも付けないというわけではありませんが、基本は「派手にしない」ということです。

次に、男性のアクセサリーについてです。

最近は、男性でもピアスを付ける人を見かけるようになりましたが、仕事中にピアスをしていることが問題ないという会社はまだまだ少ないでしょう。おしゃれは大切ですが、男性のアクセサリーに対する考え方は、まだ一般的ではありません。

アクセサリー一つのことで、内定がでないのでは大変です。ぜひ身に付けるものは注意してください。

少しアクセサリーに関連するかもしれませんが、女性のネールアートやつけ爪も面接時には適さないでしょう。薄い色のマニキュアであれば問題ないでしょうが、爪におしゃれをしすぎると、逆効果になってしまいますのでご注意ください。

面接に適した靴とは

女性の場合、普段の通勤であれば、ブーツやミュールでも良いかもしれませんが、面接に適した靴とはいえないでしょう。面接の時には、ブーツやミュールは控えた方が無難です。

男性の場合も、ローファーの靴は、面接に適した靴とは考えられていません。カジュアルな服装の時には、ローファーの靴は他の洋服にあわせやすいのですが、特に転職の面接という正式な場では好ましくありません。

週末などの普段の生活の中で、カジュアルな洋服やアクセサリーを楽しむのは、もちろん大切なことでしょうが、こと面接となると、それらについては注意しなければなりません。

自分のビジネススキルがあれば、「格好はどうでも良いだろう」と考えがちですが、ちょっとした配慮が欠けたことで、せっかくの転職の機会をムダにしてしまったという人が数多くいます。

あなたが、その仲間に入ることなく、希望の転職ができるように頑張ってくださいね。

転職活動は、本当に情報収集が大切なポイントです。

このサイトが、あなたの転職活動を成功させるきっかけになったらうれしいです。





Home > 転職面接時の格好 > 転職面接について:アクセサリーと靴に注意

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top