Home > 転職面接のマナー > 転職活動: 面接時の注意点

転職活動: 面接時の注意点




転職活動をしていると、最終的には面接で好印象を与えることが目的になりますが、緊張や配慮のなさによって、意外に失敗している人たちがいます。

どのようなことで、面接時に失敗しているのか、代表的なことをまとめて、あなたに注意していただく参考にしていただければと思います。

面接時に注意すべき点とは

面接の部屋に入るところから順に注意すべき点について考えてみましょう。

・他の社員の方への対応

意外に思うかもしれませんが、人事担当者以外の他の社員の方に横柄な態度で接する人がいます。特に女性スタッフに対してです。面接の部屋に案内してくださる女性社員、お茶を出してくださる女性スタッフ、このような方々に丁寧に接しないようでは、面接で好印象を残すことにはなりません。

人事担当者は面接後に、応対した女性社員に、再就職希望者について何か気になる点がなかったかを質問することが少なくありません。もし、彼女達の意見がマイナスのものであったら、あなたがその会社に転職できる可能性はかなり低くなるでしょう。

・入室時の注意

面接が行なわれる部屋に入室する時の注意点です。必ずノックをして、返事があるのを待ちましょう。先に面接した人について話し合っていたり、書類にメモをしていたりということがありますので、きちんとノックをして返事を待ってから入るというのは社会人としてのマナーです。

・着席時の注意

新卒時の面接の注意点でも挙げられることが多いのですが、未だに着席を促されないのに、すぐに座ってしまう人がいます。きちんと、「どうぞお座りください」という言葉を待ちましょう。

・携帯電話について

携帯電話を、誰でも持つ時代になったので、携帯電話についても注意が必要になってきました。面接の途中に、携帯電話の呼び出し音がなってしまっては大変です。面接の内容に集中できるように、携帯電話の電源は切っておきましょう。

面接の受け答えの内容に集中するあまり、前述のことにおろそかになってしまったのではマイナスです。

今この時点であれば、これらのことは自分はしないと考えるかもしれませんが、緊張していると意外にミスをしてしまうものです。

このホームページを「お気に入り」に登録するなどで、面接の前に、改めて各コラムを読んでみてください。

きっと面接の時にも、落ち着いて対応できるようになりますよ。

あなたにマッチした希望する会社が早く見つかりますように!





Home > 転職面接のマナー > 転職活動: 面接時の注意点

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top