Home > 履歴書・職務経歴書 > 職務経歴書の書き方が転職活動を左右する

職務経歴書の書き方が転職活動を左右する




履歴書と同様に、転職活動で重要な書類となるのが「職務経歴書」です。

特に、職務経歴書には、きまったフォーマットがあるわけではありませんが、注意しておいた方が良い点がいくつかありますので、このページにまとめておきましょう。

職務経歴書のポイントとは

履歴書に書ききれなかったことを、職務経歴書に書くのがポイントです。自分のアピールをさらに行なうために、この職務経歴書を利用するのです。

転職活動の情報収集をしていると、ある程度マニュアル化された、職務経歴書を目にすることがあるかもしれませんが、他の人と同じことをしていては、競争が厳しい転職活動で、好条件のポジションを手に入れることはできません。

他の転職希望者よりも、質の高い職務経歴書を書く。

このことに集中する必要があるのです。

さもなければ、いつまでも好条件のポジションを得るための面接にこぎつけることはできません。

-職務経歴書でアピールするポイント

・自分の能力

あなたは他の人に比べて何でしたら負けないという自信があるでしょうか。その内容が、あなたの能力を表しているのです。

・経歴と経験

あなたの能力は、どのような経歴や経験から伸ばしてきたのでしょうか。能力と経歴・経験の関連性を十分に検討し、印象付ける経歴や経験の書き方を心がけてください。どのような経歴や経験がある人であれば採用したいか、自分自身が採用担当者の気持ちになって考えると書きやすくなります。

・やりたい仕事

自分の能力や経歴に基づいて、面接を受ける会社ではどのようなやりたい仕事を頭に描いているでしょうか。その内容が、具体的であればあるほど、人事担当者にアピールすることができます。このような視点で考えると、職務経歴書の内容は、希望している職種によって違ってくることが容易に想像できると思います。もし、複数の職種を希望しているのであれば、それぞれの職種にあわせた職務経歴書を作成する必要があります。

転職希望者によっては、複数枚の職務経歴書だけではなく、他の書類を添付する人もいます。たとえば、自分が以前に作成した企画書の書類などを添付し、職務経歴書に書いた内容をより具体化させるのです。

転職活動に必要な書類や面接では、自分をプレゼンテーションすることを忘れてはいけません。

この人と一緒に働きたい、この人だったら会社に利益をもたらしてくれるだろうという気持ちを、人事担当者に感じてもらうためには、自分ならどのようなことができるかを常に考える必要があるのです。

「自己演出」

これが、転職を成功させる重要なキーワードになるはずです。

さあ、頑張って、好条件の会社を探しましょう。





Home > 履歴書・職務経歴書 > 職務経歴書の書き方が転職活動を左右する

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top