Home > 転職サイトの使い方 > 転職サイトの使い方が転職の成功を左右する

転職サイトの使い方が転職の成功を左右する




インターネットの普及とともに、転職サイトが多く登場し、転職活動がしやすくなりました。

ただ、転職サイトがとても多くなったことで、それらの転職サイトをどのように使えば良いのかがわかりにくくなっていますので、転職サイトをうまく使って転職を成功させる方法について考えてみましょう。

転職サイトの使い方

転職サイトの使い方を身に付けるためには、さまざまな注意点がありますので、それらを順に考えていきましょう。

・転職のイメージの明確化

転職サイトの使い方を考えるには、まず自分がどのような転職をしたいかを明確にする必要があります。

この転職の具体的なイメージがぼやけていると、転職サイトに多数登録されている求人情報をどのように絞り込めば良いかがわからずに戸惑うことになってしまいます。

このような事態を避けるためにも、転職サイトを使う前に、「職種」「希望条件」などをしっかりと考えておきましょう。

転職サイトでは、職種に関しては、「営業職」「技術職」「企画職」などの大分類があり、その分類の下にさらに細かな中分類が用意されています。現在の自分の職種に沿ったものにするのか、キャリアチェンジを行なうのかなどを検討し、自分がやりたい仕事の具体像を作り上げましょう。

次に、転職サイトにおける希望条件では、「希望勤務地」「希望年収」「対象年齢」などによって条件を絞り込むことができます。現在の住まいからの通勤時間、将来の生活設計、資格の有無などを考慮して、自分が幸せに感じられる希望条件について考えてみましょう。

好条件ばかりを考えてしまうと適した条件を提示している企業をなかなか見つけることができないかもしれませんが、自分のビジネススキルなどを客観的に判断し、この機会に、自分の市場価値を検討してみるのも良いでしょう。

・登録する転職サイト数

登録する転職サイト数は、一つに限る必要はありません。転職サイトによって、同じ条件で求人情報を絞り込んでも、表示される会社は千差万別です。転職活動で成功するには、情報が命です。多くの情報の中から、自分に適した会社に出会う確率を増やすためにも、複数の転職サイトに登録することをお薦めします。

・転職サイトの選び方

転職サイトによって得意な業界、不得意な業界があります。そのため、自分が希望している職種に関連した求人情報がどのくらいあるか、その数を各転職サイトで比較してみるのも一つの方法です。

次に、求人数だけではなく、求人の質についても考えてみます。長い期間転職サイトに求人情報を掲載している会社は、常に人が不足しているのでしょう。その理由が、事業の拡大によって人材が不足しているのか、離職率が高くて人材が不足しているのかを、インターネットでもリサーチし、求人の質について検討することも必要です。

長期間求人している会社が多い転職サイトに登録するのか、新規の求人情報が多い転職サイトに登録するのか、それとも両方のタイプの転職サイトに登録するのか、そのアプローチ自体があなたの転職をプランニングすることに繋がります。

転職サイトの選択、転職サイトの登録、履歴書や職務経歴書の登録など、面接にこぎつけるまでにもさまざまな準備とプロセスが必要です。

転職活動の全体像をつかみ、どのような形の転職をすることができると成功と見なすことができるかを具体的にイメージし、転職サイトを有効活用しましょう。

もし、自分のやりたいことがまだ明確になっていなければ、転職サイトによっては、無料で適職診断のテストを受けることができます。

そのようなテストを通じて、自分がやりたい仕事を具体化し、好条件の転職先を見つける。これがあなたの最終目的です。

さあ、どんどん転職サイトを比較して、あなたのキャリアアップに繋がる、求人情報を見つけましょう。





Home > 転職サイトの使い方 > 転職サイトの使い方が転職の成功を左右する

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top