Home > 転職面接時の格好 > 転職面接時に注意すべき背広・スーツ・シャツ

転職面接時に注意すべき背広・スーツ・シャツ




最近は、カジュアルな洋服で仕事をする人が増えています。堅苦しい格好よりも、リラックスしながら仕事の効率を上げて欲しいという会社の思いもあるようです。

だからといって、カジュアルなラフな格好で、転職の面接に行ってはダメですよ。このことを意識していない人が、結構増えているので、ここに書いておきましょう。

転職の面接で損をしない服装とは

前述のようなことを意識しないで、転職の面接に臨み、希望する会社の内定を取ることができなかったというケースは意外に多いのです。

せっかく能力があるのに、転職の面接で損をする服装をしたばかりに、希望する会社に入ることができなかったのでは、大きな損失ですよね。随分と将来設計が違ってしまいます。

人事の担当者は、社会人としての常識も見ています。転職の面接というフォーマルな場に、カジュアルな格好で現れる人に好印象を持つはずがないのです。

転職の面接に適した背広・スーツ・シャツとは

転職の面接に適した背広(スーツ)は、紺を中心とした落ち着いた色合いの背広(スーツ)です。紺の背広(スーツ)は、知的な印象を相手に与え、まじめで信頼できる人だと思ってもらいやすいのです。

人事担当者は、背広(スーツ)の色を見ているだけではありません。季節にマッチした背広(スーツ)を着ているかも見ています。夏には夏らしい背広(スーツ)、冬には冬らしい背広(スーツ)で季節に考慮した気配りができる人間であるかを判断基準の一つにしているのです。

ちなみに、ジャケットとチノパンという服装は、正式なスーツとは言えませんのでご注意ください。

次は、シャツについてです。紺やダークグレーのスーツにあうシャツの色のコーディネイトも結構大切です。シャツの色、ネクタイの色や柄との総合的なコーディネートのセンスが、あなたに対するイメージに大きな影響があります。白を中心にしたシャツで、派手な柄が入っていないものを選びましょう。

転職の面接には、きちんとした背広(スーツ)を着て、自分をアピールするのが基本です。このことをぜひ忘れずに、転職活動を行なってください。

せっかくビジネススキルがあるのに、転職の面接で損をしない服装の配慮ができるあなたを企業は探しているのですよ。

このホームページを読んでいると、転職の面接に関するイメージが膨らむはずです。そのイメージを大切にしながら、転職サイトなどで、希望する会社を探してみると、うれしい出会いがあるのではないでしょうか。

あなたの転職活動が、成功しますように!





Home > 転職面接時の格好 > 転職面接時に注意すべき背広・スーツ・シャツ

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top