Home > 転職面接の流れ > 転職面接の基本的な流れを確認しましょう

転職面接の基本的な流れを確認しましょう




新卒時の就職活動と似ている部分もありますし、少し違う部分もありますので、この機会に転職時の面接の流れについて確認してみてください。

このような面接の流れの全体像をしっかり頭に入れてあると、落ち着いて面接を受けることができますので、しっかりとご確認ください。

面接会場への入室の心得

新卒の時の就職活動でも、面接会場(応接室等)に入る時に、きちんとドアをノックすることを忘れないようにと言われたと思います。そして、ここがポイントなのですが、「どうぞお入りください」という言葉をきちんと待ちましょう。

長く社会人をしている返事を待たずに、ノックしてすぐに入室してしまうことも無きにしも非ず。注意しましょう。

挨拶と面接内容

ここで、挨拶と面接内容について確認をしておきましょう。

・ご挨拶

応接室等に入ったら、自分の名前を言い、「よろしくお願いします」とにこやかに挨拶しましょう。この微笑む、余裕のある最初の態度がポイントです。

そして、「お座りください」と言われてから着席してください。

・今までの仕事内容

人事担当者は、今までに養ってきた、あなたの仕事の内容や実績が一番気になっています。その会社で働き始めた時に、どの程度の成果を出すことができるか、この内容によって判断しているのです。

今までの実績を具体的なものにするには、数字や事例など、人事担当者がイメージを膨らませやすい内容を心がけてください。売上高や利益率などの数字を入れると、あなたの実績が印象に残りやすいので、ぜひ数字を入れた内容のお話を考えておいてください。

・転職理由

実績に納得した人事担当者は、「なぜ転職をしたいのか」、その理由によって、
あなたがどの程度積極的な人間なのか、否定的な人間なのかを判断します。

「不満があったから転職をする」

たとえそれが事実だったとしても、それを素直に言うのは控えた方が良いでしょう。物事を積極的に考えられるあなたをアピールした方がプラスになります。

・その会社を選んだ理由

その会社をなぜ選んだのかという志望理由は、転職の面接で、必ず聞かれる質問の一つです。

志望動機は、会社に対するものと仕事内容に対するものに大別されます。

なぜ、その会社なのか?
なぜ、その仕事なのか?

あなたらしさをアピールする絶好の質問だと思って、将来に対するビジョンなどと絡めて回答しましょう。

・人事担当者への質問

転職時の面接では、面接の最後に、面接官への質問があるか否かを聞かれるのが普通です。これが当たり前だということを自覚し、最初から自分の積極性や専門性を示す良い機会にしましょう。この時に、何も質問しないのは、かなりマイナスの印象になりますので、「質問しない」ということがないように注意しましょう。

・退室時の挨拶

退室し終わるまでが面接です。椅子から立ったら、面接していただいたお礼を心から言いましょう。口先だけではダメですよ。

そして、ドアから出る前に改めて一礼して退室します。

これまでの挨拶から各種の質問に対する受け答えは、きちんと自分でシミュレーションしておきましょう。このイメージトレーニングが、あなたの転職活動を、きっと成功に導いてくれるはずです。

さあ、頑張って、あなたに合う会社を見つけましょう!





Home > 転職面接の流れ > 転職面接の基本的な流れを確認しましょう

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top