Home > 転職面接時の質問内容 > 転職面接:今までの仕事をアピールするには

転職面接:今までの仕事をアピールするには




再就職を考えている方が、転職時の面接で、必ず聞かれる質問の一つに、「今までの仕事の実績」が挙げられます。

人事の担当者は、この質問を通して、再就職を希望している人の能力を知りたがっているのです。そのため、この質問でどのように受け答えするかが、転職を成功させるか否かに大きく関わってきます。

今までの仕事の実績

今までの仕事の実績は、ただダラダラと話をすれば良いというわけではありません。短時間に、何をアピールするのかをきちんと決めておき、話の内容に具体性をもたせる工夫が必要となるのです。

・業務の全体的な流れ

あなたが関わっている仕事は、どのような業務内容に関わっているのでしょうか。仕事の全体像を掴んで、自分はこのような意味ある仕事をしてきたということが言えなくてはなりません。

ただ与えられた仕事を100%こなしてきた、では不十分なのです。

仕事の全体像と自分の役割を、端的に言える回答を用意しておきましょう。

・数字を入れた具体的な話

どのような仕事内容であるかを説明する時には、意識的に数字を入れて話をしましょう。この数値を入れる話は、人事担当者の頭に強い印象を残します。漠然と仕事の流れや実績を言葉で続けるのではなく、数値を入れて、どのようにその数値が、あなたの工夫で改善していったのかをアピールするのです。

「今までの仕事の実績」

この話は、新しい会社で、どの程度仕事に適応し、貢献してくれるのかを知る手がかりになる質問なのです。

ただ実績を話すだけではなく、どのようにその会社に貢献できるのかに結び付ける話の内容にすればベストです。

この実績を頭の中で考えるには、他の転職者の成功事例を参考にするのも良いでしょう。転職サイト等に書かれている、成功事例をじっくりと読み、あなたらしい仕事の内容を話せるように準備しましょう。

さあ、転職への第一歩は、もう始まっていますよ。

頑張ってください。





Home > 転職面接時の質問内容 > 転職面接:今までの仕事をアピールするには

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top