Home > 転職希望者からの質問 > 転職面接:人事担当者への最後の質問が合否に影響?

転職面接:人事担当者への最後の質問が合否に影響?




面接の最後の質問。

「何か質問はありますか?」

再就職を希望している人の中には、面接をしている人事担当者への質問を特にしないという人がいます。

実は、これはとっても損なことです。

人事担当者は、この質問によって、あなたの転職に対する意欲をみているのです。何も質問しないということは、仕事に対する意欲がない人間であると判断されてしまったとしても仕方がありません。

そのようなことにならないように、あなたの積極性をアピールできる質問を、2、3用意しておくと良いでしょう。

最適な質問内容

自分をアピールすることに繋がる、最適な最後の質問内容について書いておきましょう。

特に、「将来の事業計画」などに関する質問が良いでしょう。

将来の事業計画を知りたいということは、仕事に積極的であることを伺わせます。さらに、人事担当者の回答内容を受けて、自分だったら、このようなことが出来そうですねとか、今回の応募職種はその事業計画の中でどのような仕事の位置づけになるのでしょうかという、発展させた話のキャッチボールを人事担当者とすることにも繋がります。このコミュニケーション能力は、とても大切なポイントなので、この種の質問で、自分をアピールしましょう。

また、「職場環境」についての質問も良いでしょう。

転職者に対する反感が少ない職場であるかどうかを判断するために、転職者比率を聞くのも良いでしょう。職場の雰囲気を知るために、見学させていただけるかを質問しても良いでしょう。新しい職場に早く馴染んで、積極的に働きたいということをアピールすることに繋がる質問内容にすることがポイントです。

避けたほうが良い質問

自分をアピールすることができる、そして人事担当者の印象にも残る最後の質問ですから、待遇や給与に関する質問は避けましょう。

この再就職希望者を、採用したいか否かという判断の第一段階がクリアーされてから、待遇や給与の話をすれば十分です。

自分という人間を知ってもらう前に、条件を確認するのは時期尚早です。

それでは、決める転職も決まらなくなってしまいます。

転職の面接にもプロセルがあるのです。

そのプロセルを踏み外してしまっては、決まるものも決まりません。

ちょっとした心配りかもしれませんが、このような配慮ができる人が、転職で結果的に好条件を獲得できるのです。

好条件が獲得できるのが、あなたになるようにお祈りしています。

さあ、頑張って、転職活動を続けましょう!





Home > 転職希望者からの質問 > 転職面接:人事担当者への最後の質問が合否に影響?

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top