Home > 転職者に対する評価ポイント > 転職者に対する評価ポイントとは

転職者に対する評価ポイントとは




人事担当者、転職希望者の何を見て評価しているのでしょうか?

これは、転職希望者のすべての人が知りたい内容だと思います。

転職希望者に対する評価

面接に来て欲しいという連絡があったのなら、その転職希望者に対する評価の第一弾はクリアーされています。

履歴書や職務内容が人事担当者の目に留まり、「会ってみたい」と思われたのです。

面接の時には、それらの書類に書かれていることが正しいのかを確認し、そしてその転職希望者をもっと知りたいという思っているのです。

このことを理解して、事前準備をすることが、人事担当者の評価をアップさせるポイントなのです。

・仕事に対するビジョン

与えら得た仕事を100%こなせば良い。そういう仕事はだんだんと少なくなっています。仕事に対するビジョンをしっかりと持っている人を採用し、自社の業績も伸ばしたいと思っているのです。その人事担当者が納得できる、その会社の事業計画と整合性のあるビジョンを語ることができる人が評価され、好条件で採用されることになるのです。

・実務能力

もちろんビジョンだけでは不十分です。そのビジョンを実現させることができる実務能力があってはじめて、ビジョンが具体的なものになっていくのです。募集されている職種と、自分の実務能力がいかに整合性があるかをアピールできる人が高い評価を得ることができるのです。

・適応能力

多くの仕事はチームで行なわれます。協調性がある人でなければ、職場の環境を壊すことになってしまうかもしれません。その会社の社風にあった人間であるか否かを人事担当者は知りたいのです。このことを念頭に、自分の適応能力を質問に対する回答の中にちりばめておくと、面接官の印象が良くなるでしょう。

このようなことを意識しながら、面接に臨んだ転職希望は、十分な事前準備が出来ているため、積極的な姿勢や意欲をアピールすることができるでしょう。

面接を受けるときの応対の仕方やマナーが問題なければ、これらの事前準備によって、好印象を人事担当者に与えることができるでしょう。

転職の面接では、人事担当者がどのような基準で評価をするのかを十分に検討しておくことが欠かせません。

相手の立場で、考えることができるようになればしめたものです。

後は、あなたにあった会社を見つけるだけです。

これから、どんどん転職に関する情報収集を積極的に行ないましょう。





Home > 転職者に対する評価ポイント > 転職者に対する評価ポイントとは

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top